【読み放題】Kindle Unlimitedの感想【スキルの勉強にもおすすめ】

2020年9月26日

アイキャッチ画像
「Kindle Unlimited」の使い心地ってどうなんだろう? 
月額980円みたいだけど、それ以上の価値はあった?

こんな疑問に答える記事です。

この記事を書いた人

筆者の僕は、 
今年から「Kindle Unlimited」で 
よく読書をしています。

最初のきっかけは、 
初めて利用する時に使える 
「30日間の無料体験」だったのですが、

一度使ってみてダメだったら解約しよう

という感じで使い始め、 
個人的に「コスパが良い」と感じたので、 
その後トータルで半年ほど利用しています。

(読んだ冊数は数えてみたところ、 
50冊ほどでした)

この記事では、

Kindle Unlimitedの

  • サービス内容
  • メリットやデメリット
  • どんな人におすすめか
  • 実際に使ってみての感想

などを紹介します。

(3分くらいで読めるボリュームです)

「Kindle Unlimited」とは(基本情報)

「Kindle Unlimited」とは(基本情報)

「Kindle Unlimited」は、 
Amazonが提供している、 
電子書籍の読み放題サービス
です。

年々「サブスクリプション」と言われる 
月額制のサービスが増えていますが、 
その中のひとつですね。

Kindle Unlimitedの 
基本的なサービス内容は下記の感じです

Kindle Unlimitedサービス内容

  • 月額料金:980円(税込み)
  • タイトル数:和書12万冊以上
、洋書120万冊以上
  • 読めるジャンル:マンガ、小説、雑誌、ビジネス本、実用書など
  • 一度に利用できる冊数:10冊まで
  • お試し期間:30日間の無料体験あり

利用できる端末ですが、 
Kindle端末だけではなく、 
スマホやパソコンからも読むことができます。

筆者の場合は、寝る前などに、 
スマホで読むことが多いです。

登録や解約もすんなりできて、 
もし解約をしたとしても、 
30日が経つまでは継続利用ができる
ので、

そういった点も、 
ユーザー側には親切だと思いました。

【読み放題】Kindle Unlimitedの感想「Kindle Unlimited」のメリット・デメリット

「Kindle Unlimited」のメリット・デメリット

筆者が感じたメリットとデメリットは、 
こんな感じになります

「Kindle Unlimited」のメリット

  • 手軽に読書ができる
  • たくさんの本が読める
  • いつでもどこでも読める
  • 料金のコスパがいい
  • スキルなどの勉強にも使える

「Kindle Unlimited」のデメリット

  • 解約を忘れると月額980円かかる
  • 新作の本があまり読めない
  • ラインナップが不定期に変わる
  • 一度に利用できる冊数が10冊まで

簡単に一つずつ見ていきます。

メリット1:手軽に読書ができる

これは、 
「電子書籍特有のメリット」 
でもあるのですが、

  • ページをめくるのがフリック
  • 文字のフォントを変更できる(多少読みやすくなる)

という点などからも、 
紙の本に比べると、個人的には 
「読みやすい」
と感じています。

たとえば、

  • 活字を長い間見ていると眠くなる
  • 本を一冊完読するのが時々しんどい

こういった、 
「読書への抵抗感」みたいなものも 
あまり感じないので、

スマホやタブレットで 
文字を読むことに慣れている方も 
読みやすいかと思います。

メリット2:たくさんの本が読める

ジャンルやタイトル数が豊富なので、 
いろいろな本を読むことができます。

読み放題というのもあり、 
「立ち読み感覚」でいろいろな本に 
触れられる
のも良い点です。

メリット3:いつでもどこでも読める

本をカバンなどに入れて 
持ち歩く必要がないため、

スマホやタブレットがあれば、 
ネットのつながる場所では、 
いつでもどこでも読書ができます。

メリット4:料金のコスパがいい

本を一冊買うのには、 
「1000〜1500円ほどかかる」 
のが一般的ですが、

月額980円で読み放題なので、 
「月に10冊読めば一冊約100円」という計算 
で、コスパがいいなと感じています。

メリット5:スキルなどの勉強にも使える

たとえば、

  • プログラミング
  • webデザイン
  • webライティング

こういった、 
「転職や副業に役立つスキル」 
を扱っている本も多い
ので、 
スキルの勉強にも使えたりします。

金銭的に余裕がない時などは、 
「Kindle Unlimited」を 
独学ツールのひとつとして、 
使ってみるのもおすすめ
です。

デメリット1:解約を忘れると月額980円かかる

登録から30日が経過すると、 
次の月の980円がかかってしまいます。

もし無料体験だけ利用したい方や、 
継続して利用する予定がない方などは、 
解約は早めをおすすめします。

上にも書きましたが、 
解約のタイミングに関わらず、 
30日が経つまでは継続利用もできますので。

デメリット2:新作の本があまり読めない

出版されたばかりの本や、 
話題作などのトレンド本は、 
残念ながら「読み放題の対象外」
 
ということが多いですね。

そういった場合は、 
別で購入する必要があります。

デメリット3:ラインナップが不定期に変わる

「Kindle Unlimited」のラインナップは、 
ちょくちょく変動する
ことがあります。

筆者が見た感じでは、 
人気が出ている本などが 
ラインナップから外れる
ことが 
多いなと感じます。

「この本は読みたい」 
と思った本などは、早めに 
読んでおくのを推奨します。

デメリット4:一度に利用できる冊数が10冊まで

一度にダウンロードしておける本は 
10冊までという制限があります。

読み終わった本などは削除して、 
空きを作っておく必要があります。

たとえば、 
11冊目を読みたいと思った場合は、 
1冊以上は削除するという感じですね。

【読み放題】Kindle Unlimitedの感想「Kindle Unlimited」はどんな人におすすめ?

「Kindle Unlimited」はどんな人におすすめ?

筆者がおすすめしたい人は、 
ざっくりとこのような感じです

「Kindle Unlimited」がおすすめな人

  • 読書を趣味にしたい人
  • スキルの勉強がしたい人
  • いろいろな本が読みたい人
  • 本にあまりお金をかけたくない人
  • 人の考え方や人生に触れたい人

【読み放題】Kindle Unlimitedの感想まとめ

この記事では、 
「Kindle Unlimited」について 
を紹介しました。

筆者が感じる感想として、 
まず始めに来るのが「コスパがいい」 
というものです。

その他だと、ライティングなどの 
「スキルの勉強」にも役立ったり、

電子書籍で読書をするようになってから、 
「読書の機会が増えた」というメリットも 
感じています。

これから「読書を趣味にしたい」 
という方も、スマホやタブレットなど 
で読書をするとまた違ったりもするので、

Kindle Unlimited」をきっかけ 
にしてみるのもよいかなと思います。

最後に、この記事に書いたことを 
もう一度まとめて終わります。

Kindle Unlimitedサービス内容

  • 月額料金:980円(税込み)
  • タイトル数:和書12万冊以上
、洋書120万冊以上
  • 読めるジャンル:マンガ、小説、雑誌、ビジネス本、実用書など
  • 一度に利用できる冊数:10冊まで
  • お試し期間:30日間の無料体験あり

「Kindle Unlimited」のメリット

  • 手軽に読書ができる 
    ➩ページをめくる手間がないこと、文字のフォントを変えられる点などが、紙の本に比べると読みやすいと感じた
  • たくさんの本が読める 
    ➩対象のジャンルやタイトル数なども豊富
  • いつでもどこでも読める 
    ➩本をカバンなどに入れて持ち歩く必要がない スマホやタブレット一つあれば読書ができる
  • 料金のコスパがいい 
    ➩月額980円で読み放題なので、元は取りやすいと感じた
  • スキルなどの勉強にも使える 
    ➩「転職や副業に役立つスキル」を扱っている本も多数なので、独学ツールのひとつとしてもおすすめ

「Kindle Unlimited」のデメリット

  • 解約を忘れると月額980円かかる 
    ➩登録から30日が経つまでは継続利用できるので、もし解約をする場合は早めを推奨
  • 新作の本があまり読めない 
    ➩出版されたばかりの本やトレンド本は、対象外なことが多い
  • ラインナップが不定期に変わる 
    ➩人気な本などがラインナップから時々外れる 「読みたい」と思った本は、早めに読むのがおすすめ
  • 一度に利用できる冊数が10冊まで 
    ➩読み終わった本は削除をして、空きを作っておく必要あり

「Kindle Unlimited」がおすすめな人

  • 読書を趣味にしたい人
  • スキルの勉強がしたい人
  • いろいろな本が読みたい人
  • 本にあまりお金をかけたくない人
  • 人の考え方や人生に触れたい人

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、 
ありがとうございましたm(__)m

-サブスク
-,

© 2022 MOJISOI