ブログで万能に使える「文章の型」【この3つ覚えればOK】

2020年10月17日

アイキャッチ画像
ブログで「読みやすい文章」、なるべく読者さんにも「納得してもらえる文章」が書きたいな。

こんな悩みに寄り添います。

この記事を書いた人

ブログの記事が全然読まれない…

ブログを始めた当初の僕は、 
なかなかブログが読んでもらえず 
悩んでいました。

その頃は、 
記事を書いても書いても読まれず、

後々、自分の文章を読み返しても、 
なんだか読みづらかったのです。

それから、

読みやすい文章が書けるようになりたいな

とよく考えるようになり、 
本や教材などを使って勉強し始めました。

そんな中で出会ったのが、 
今回記事で紹介する「3つの文章の型」です。

(結論から書くと、PREP型・情報列挙型・ストーリー型の3つです)

型を使うようになったことで、 
文章を書くスピード感や、記事の質なども 
改善されていきました。

それから、 
自分が書きたいことの8割方はカバーできる 
ようにもなったので、

ぜひあなたも、この記事を読んで、 
「文章の型」を身につけてみてください。

実際に、 
その時に読んだ本なども後半で紹介します。

「文章の型」とは

文章の型というのは、 
あらかじめ決められた 
「文章の流れ(テンプレ)」のことです。

車に例えると、 
「カーナビ」(道順がわかるもの) 
に近いかもしれません。

「こっちだよ」と教えてくれる 
文章の流れ(道順)が事前にあると、

スムーズに文章が書けたり、 
比較的誰でも、質の高い文章が 
書けるようにもなります。

「文章の型」を使うのがおすすめな理由

文章の型を使うのがおすすめな理由は、 
ざっくりと下記の感じです

文章の型を使うのがおすすめな理由

  • 文章の「内容」だけに集中して書ける
  • 文章を書く「スピード」が速くなる
  • 「記事の質」が高くなる

簡単に一つずつ見ていきます。

文章の「内容」だけに集中して書ける

「文章の型」には 
決まった文章の流れがあるので、

筆者としては、 
文章の「道順」に悩むことがなくなり、 
「内容」だけに集中して文章が書けます。

文章を書く「スピード」が速くなる

上でも書いたように、 
「書く内容」だけに集中できるため、 
文章を書く「スピード」も速くなります。

「記事の質」が高くなる

文章の型を使うことで、 
文章に「説得力」がついたり、 
読者にとっては「納得感」のある 
文章にもなりやすい
です。

読者さんが「読みやすい」「わかりやすい」 
と感じる文章にするためにも、 
この「文章の型」は有効的です。

ブログで万能に使える「文章の型」3つを紹介

ブログで万能に使える「文章の型」3つを紹介

それでは、 
文章の型を紹介していきます。

今回紹介するのは、下記の3つです

文章の型3つ

  • PREP型
  • 情報列挙型
  • ストーリー型

順番に一つずつ見ていきますね。

PREP型

PREP型は、  
(P)oint⇢(R)eason⇢(E)xample⇢(P)oint 
のカッコ内の頭文字をとって、 
PREP型と言われます。

日本語にすると、 
結論⇢理由⇢具体例⇢再度結論(まとめ) 
という感じですね。

「理由」の部分には、
データや証拠になるものを入れたり、

「具体例」の部分には、 
自分の体験談を書くなど
 
して使います。

実際に、 
このPREP型を使った例文 
を紹介します。

PREP型の例文

【P:結論】

僕は、ブログ初心者の頃は、 
「読みやすい記事」を目指す 
のがいいと思います。

【R:理由

なぜなら、 
最初はまったくと言っていいほど 
読まれず、その間に挫折してしまう 
人も多いからです。

僕自身も、 
一度ブログに挫折しそう 
になりました。

【E:具体例】

ですが、たとえば、

  • 装飾画像を挟んでみる
  • 吹き出しを使って、キャラクターが話をしている様子を入れる
  • 大事な部分にはマーカーを引く

など工夫したことで、 
少し読まれるようにもなりました。

文字が羅列しただけの 
「文章の圧迫感」がなくなり、

読者さんの読み疲れも 
減らせたからだと思います。

【P:再度結論(まとめ)】

なので、 
こういった工夫をすることで 
まずは「読みやすい記事」を 
目指してみるのをおすすめします。

このPREP型は、一言で、 
「文章に説得力を出したい時」 
に使える型になります。

有名ブロガーさんだと、 
マナブさんなどもよく使われている 
文章の型ですね。

情報列挙型

情報列挙型は、 
全体像⇢ポイント1⇢ポイント2⇢ポイント3⇢まとめる 
という流れで使います。

例文を見たほうがわかりやすい 
かと思うので、例文を紹介しますね。

まずはダメな例

「読みやすい記事」にするためには、 
たとえば装飾画像を挟んでみたり、吹き出しを使ってキャラクターが話をしている様子を入れてみたり、大事な部分にはマーカーを引くなどすることで、 
多少は読みやすい記事になります。 
これが「読みやすい記事」にするいくつかのポイントです。

内容は伝わってきますが、 
何となく読みづらいですよね。

それでは、 
情報列挙型で今度は書いてみます。

情報列挙型の例

「読みやすい記事」にするためのポイントを3つ書きます。

1.「装飾画像」を挟む 
2.「吹き出し」を使ってキャラクターが話をしている様子を入れる 
3.大事な部分には「マーカー」を引く

この3つを意識するだけでも、 
多少は読みやすい記事になります。

これが「読みやすい記事」にする3つのポイントです。

全体像⇢ポイント1⇢ポイント2⇢ポイント3⇢まとめる 
という書き方にしたことで、

見た目も整って、 
伝わる文章になったかと思います。

この情報列挙型は、一言で、 
「伝えたいことが複数ある時」 
に使える型になります。

伝えたいことが「3つ以上」ある場合は、 
この情報列挙型を使うのがおすすめです。

それから、読者にとっても 
ストレスのない文章になりやすいです。

ストーリー型

ストーリー型は、  
マイナスだった自分⇢転機⇢成長⇢明るい未来 
という流れで使います。

大事なポイントとしては、

  • マイナスだった自分(ダメだった自分)
  • 明るい未来(変われた自分)

この2つで「ギャップ」を生み出すことです。

こちらも、例文で紹介しますね。

ストーリー型の例文

【マイナスだった自分】

ブログを始めたころの僕は、 
なかなかブログが読んでもらえず 
よく悩んでいました。

(その頃は、 
文章を書くことにも抵抗感を持ち、 
パソコンの前に座るのも 
憂鬱になっていました)

それでも、 
どうしたらブログが読んでもらえるんだろう?と考え、 
まずは「読みやすい記事」について 
勉強してみることにしました。

【転機】

ある時、本や教材で勉強している中で、

1.「装飾画像」を挟む 
2.「吹き出し」を使ってキャラクターが話をしている様子を入れる 
3.大事な部分には「マーカー」を引く

という3つのポイントを教わりました。

【成長】

それを実際に試してみたところ、 
過去の自分の記事と見比べてみても、 
見違えるくらい「読みやすい記事」になりました。

【明るい未来】

それからは、 
読者さんにも少しずつ読んでもらえるようになり、 
ブログをまた楽しめるようになりました。

なので、 
この記事を読んでいただいてる方も、 
ぜひこの3つのポイントを意識して、 
「読みやすい記事」を目指してみてください。

このストーリー型は、一言で、 
「共感や感情移入ができる」 
というのが大きなメリットです。

それから、 
人は体験談やストーリーが好きな 
性質が昔からあったり、

ストーリーは記憶にも残りやすいため、 
理にかなった文章の型だと思います。

「悩み解決のため」に使う型と「モノを売るため」に使う型はまた違う話

実は、文章の型には、

  • 「悩み解決のため」に使う型
  • 「モノを売るため」に使う型

の、おおまかに2つがあります。

今回紹介した3つの文章の型は、 
どちらかというと「悩み解決のための記事」 
に適している型になります。

モノを売るための文章の型は、

「コピーライティング」 
「セールスライティング」

といったものを 
勉強すると身につくのですが、主には、

  • 新PASONAの法則
  • QUESTの法則
  • AIDMAの法則
  • 4つの学習タイプ

こういった型があったりします。

ブログを始めた頃の僕は、 
「ライティング」一つ勉強するにも、情報量が多く、

何となく誤解したまま進んでいたりもしたので、 
ここも少し書いておこうと思いました。

参考書籍をいくつか紹介(コスパ重視)

参考書籍をいくつか紹介(コスパ重視)

簡単な紹介

こちらの本は、 
今回紹介した「3つの文章の型」について、 
「もう少し掘り下げて勉強したい」という方におすすめです。

(それぞれの型の例文が多めに載っています)

もし、この記事で理解できなかったという方は 
参考にしてみるとよいと思います。

とは言っても、 
この記事を何度か読めば、内容は理解できるかなと思います。


一瞬で人の心を操る「売れる」セールスライティング

簡単な紹介

こちらの本は、 
さっき例で紹介した、「4つの学習タイプ」 
というセールスライティングの型について 
詳しく書かれています。

(僕が個人的に好きな文章の型で、 
一度覚えれば、ずっと使える型だと思います)

「モノを売るための型も一つ知っておきたい」
「できれば、シンプルで使いやすい型がいい」

という方には、おすすめの一冊です。

ちなみに、Amazonの、 
Kindle Unlimited(30日間の無料体験あり)」 
をまだ利用したことがない方は、 
登録をするとすぐに無料で読めます。

ブログで万能に使える「3つの文章の型」まとめ

最後に、この記事で書いたこと 
をもう一度まとめます。

「文章の型」を使うのがおすすめな理由

  • 文章の「内容」だけに集中して書ける
  • 文章を書く「スピード」が速くなる
  • 「記事の質」が高くなる

「3つの文章の型」

  • PREP型
  • 情報列挙型
  • ストーリー型

PREP型

  • 「結論⇢理由⇢具体例⇢再度結論(まとめ)」という流れの型
  • 「理由」にはデータや証拠を入れ、「具体例」には体験談やストーリーを書く
  • 主に「文章に説得力を出したい時」に使う

情報列挙型

  • 「全体像⇢ポイント1⇢ポイント2⇢ポイント3⇢まとめる」という流れの型
  • 見た目が整うので、読者にとってもストレスのない文章になる
  • 主に「伝えたいことが複数ある時」に使う

ストーリー型

  • 「マイナスだった自分⇢転機⇢成長⇢明るい未来」という流れの型
  • マイナスだった自分(ダメだった自分)と明るい未来(変われた自分)で、ギャップを生み出すのがポイント
  • 主に「共感や感情移入」を誘いたい時にに使う

この記事では、 
ブログで使える文章の型を3つ 
紹介しました。

冒頭にも書いたように、 
この3つの型を使って文章を書くと、 
ある程度の記事は書けるようになるはずです。

ぜひ、 
PREP型・情報列挙型・ストーリー型 
を使って、今後の文章を書いてみてください。

今回は以上になります。

最後まで読んでいただいて、 
ありがとうございましたm(__)m

-ブログ, ライティング
-, , , ,

© 2022 MOJISOI